読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の旅

なにかを探して走り続けています

四国ツーリング 2日目

5/2

目覚めると、爆睡のおかげで疲れは無くなっていた

外は快晴で暑くなりそうだ・・・

7時に朝食を食べて、8時前ににホテルを出発

 

最寄の東予丹原ICから高速に乗り、松山ICまでワープする

R33を南下して高知を目指すのだ!

途中でR440に切り替えて・・・

f:id:yanchiyamaru:20150502093635j:plain

どうしても一度訪れてみたかった四国カルストがもうすぐである

狭路をグングン登って行く

対向車はほぼバイク、フル装備のFJRでも離合には気を使わずに済む

樹木が切れ、視界が開けると・・・

f:id:yanchiyamaru:20150502101359j:plain

f:id:yanchiyamaru:20150502101722j:plain

f:id:yanchiyamaru:20150502102345j:plain

秋吉台のような広大さはないが、感動する景色である

東津野城川林道でR197に下る予定だったが・・・通行止め

K48を走りますが、まぁ~とんでもない道でした

狭いうえに路面が悪く、路肩には積もった落ち葉、さらに車がガンガン登ってくるので、気疲れしてしまいました

なんとかR439に降りて、R197に復帰

そこからK19で四万十川上流域を川に沿って走ります

f:id:yanchiyamaru:20150502115153j:plain

 澄んだ水の自然一杯の清流です

ただ・・・このK19も一車線の狭路が続きます

対向車には出会わなかったのが幸いでした

f:id:yanchiyamaru:20150502115208j:plain

さらに下り、集落域に入ると沈下橋が見えてきました

f:id:yanchiyamaru:20150502122137j:plain

さらにもう1橋

f:id:yanchiyamaru:20150502122211j:plain

最初の沈下橋まで降りてみました

現存する最古の橋で、一斗俵沈下橋

f:id:yanchiyamaru:20150502120548j:plain

こどもの日バージョンで、鯉のぼりと鯉流し?で飾り付けられていましたww

残念ながら車両の通行は禁止となっています

ビビってFJRで渡る自信はありませんけどねぇ

f:id:yanchiyamaru:20150502120728j:plain

R56の道の駅 あぐり窪川で昼食

高知に来たら「かつおのたたき」でしょ!

f:id:yanchiyamaru:20150502130541j:plain

地元のスーパーなど売られている物は生臭さがあるのですが、本場はまったく感じませんでした。

切り身も大きくて旨し!!

 

ここから次の目的地まで高速でワープ

高知自動車道 大豊ICで降りて、祖谷渓を目指します

R32~K45~K32

この県道がまた狭い、それなのに通行量の多いこと・・・

退避所以外は軽自動車でもすれ違いが不可能な幅の道に、ワンボッスや3ナンバー、挙句は大型のキャンピングカーまで・・・

目的は皆同じな様です

こんな場所に不自然な小便小僧

f:id:yanchiyamaru:20150502155343j:plain

目一杯正面から

f:id:yanchiyamaru:20150502155300j:plain

祖谷川沿いの断崖には、祖谷街道の開設工事で残った岩が突き出ており、岩の上には、かつて地元の子供達や旅人が度胸試しをしたという逸話をもとに作られたらしいのだが・・・

こんな場所に立つのは死んでも嫌じゃ!

 

R32に戻り、R192を経てK12に入り脇町へ

f:id:yanchiyamaru:20150502172915j:plain

うだつが上がらないの語源は諸説あり、一つ目は、梁の上に立てて棟木を支える短い柱を「うだつ」といい、このうだつが棟木におさえられているように見えることから、頭が上がらない(出世できない)という説。
二つ目は、商家などで隣りの家との境に設ける防火壁のことを「うだつ」といい、そのうだつを高く上げることを繁栄のしるしとしたことからとする説。

その防火壁「うだつ」がこれである

f:id:yanchiyamaru:20150502173148j:plain

時間も夕方

ここからすぐの場所の今日のホテルに向かいます

f:id:yanchiyamaru:20150502182923j:plain

屋根付きの駐車場1台分を使わせてもらえました

今日はシングル2室

f:id:yanchiyamaru:20150502180001j:plain

明日に備えて早めに就寝

 

3日目につづく